日本橋インプラントセンター インプラント東京 予防&インプラント
よくある質問 かんたん予約 サイトマップ
歯科医師の方へ
 
インプラントHOME インプラントとは 症例紹介 当院のご紹介 診療案内 歯科医師の方へ
インプラントとは
インプラントとは
なぜ、インプラント?
インプラント希望の患者さんへ
歯科医の選び方
海外のインプラント事情


インプラント希望の患者さんへ

インプラントを希望される患者さんが多くなり、今一度、治療について御説明致しておきます。治療期間のことです。
インプラント希望の患者さんは、抜歯する状態ですから、口腔衛生状態が好ましくありません。オペの前にこれを良好にするための基礎工事に数ヶ月掛けています[※1]

インプラントは、埋入部位の骨の状態によって以下のA、B、Cに分類されます。
A. 骨の幅も高さもある条件のいい場合(理想的)
骨とインプラント体がくっつくまで
上顎は6ヶ月、下顎は3ヶ月掛かります。(業者の推奨期間)
それから上部構造(覆せ物)セットまで約1ヶ月掛かります。
ということは、最低、上部構造(覆せ物)セットまで
上顎は6+1=7ヶ月+基礎工事
下顎は3+1=4ヶ月+基礎工事
掛かります。これは条件のいい場合です(しかしもっと早くできます)。
B. 抜歯が絡んでおり、さらに抜歯後、埋入部位の骨の条件がいい場合
一応、今までのやり方は、抜歯後3〜5ヶ月待って、
骨の陥凹が少し治ってから、インプラントの埋入に入るのが推奨されています。
と言うことは、この場合、A の期間に加え、4〜6ヶ月掛かります。
C. 抜歯を問わず、埋入部位の骨の条件が悪い場合
この場合は、骨造成を行ってからインプラントの埋入に入ります。
骨造成の期間は、約8〜9ヶ月が推奨されています。
ということは、Aの期間に加え、8〜9ヶ月です。
* B、Cの場合で、インプラント治療が前提で、当院で抜歯する場合、この期間を半分に短縮できる場合があります。
* 条件によって抜歯が絡んでいても、当院では、Aに近い期間で終了できる場合があります。
[※1]インプラントを長持ちさせるためには、口腔衛生状態を良好にしてからインプラントの埋入を行わなければなりません。これはビルを立てる時の基礎工事に相当する部分です。

当院では、治療したインプラントを長持ちさせるため、基礎工事に相当する部分をしっかり行っているつもりです(歯科衛生士によるカメラ撮影利用のブラッシング指導と歯石取りです)。
従来の治療方法に比べ、治療期間が長く掛かると思われるかもしれませんが、その点、御理解願えれば幸いです。

 ⇒かんたん診療予約はこちらから

このページのトップへ

ご予約:03-3275-2340
無料メール相談はこちら

プライバシーポリシー

東京のインプラント治療は日本橋インプラントセンター copyright 2003 日本橋インプラントセンター