日本橋インプラントセンター インプラント東京予防&インプラント
よくある質問 かんたん予約 サイトマップ
歯科医師の方へ
 
インプラントHOME インプラントとは 症例紹介 当院のご紹介 診療案内 歯科医師の方へ
当院のご紹介
当院のご紹介
院長紹介
院長コラム
スタッフ紹介
インプラントオペ実績
スタッフ募集


事例紹介
院長コラム 1 | 2 | 3 | 5 | 6

コラム1 総義歯は歯科医師の敗北である。

70歳の患者さん曰く、
「○○先生には私が20歳の頃から50年も面倒をみてもらっているの。若い頃は歯が全然悪くなかったけど、今ではもう1本も無いの…。でも○○先生に作ってもらった上下の総入れ歯はいいのよ〜。よく噛めて。おほほほほほほほほほ〜(笑)。」
皆さんはこの患者さんの話を聞いてどう思われますか?
・○○先生の総義歯はよく噛めるのでしょうか?
・○○先生の歯科の技術はすごい(すごくうまい)のでしょうか?
否!よく考えてみて下さい。
この患者さんは、少なくとも20歳の頃には全部歯が残っていたのですよ。(おそらく、27〜28本)
歯医者に治療に行ったら、50年間の内に歯が全部無くなってしまった、こう解釈できるのです!
50年間お世話になって、歯が1本も無くなってしまった…。
○○先生はその患者さんの歯を残せなかったのです。
歯を残すのが歯科医師の役目のはずです。抜くのが仕事ではありません。
(1) 抜歯は、歯科医のひとつめの敗北です。(新患飛び込み抜歯の患者さんは除く)
(2) ブリッジ(橋義歯)も、歯科医のふたつめの敗北です。
(3) 小さな部分義歯(少数歯欠損)も、歯科医の3つめの敗北です。(同上)
(4) 大きな部分義歯(多数歯欠損)は、歯科医の4つめの敗北です。(同上)
でも、残念ながら新患で当院に来院される患者さんには、上記に該当される方が多いのが現状です。
こう考えると、50年間お世話になった結果の上下総義歯は???です。
私の歯科人生の中で、ほんのちょっとの敗北はあるかも知れません。
向こう30〜40年間の歯科人生、私は大きな敗北をしたくありません。
是が非でも、勝利に向かいます。歯を残すのです。
これには、患者さんの協力、予防・定期検診への御理解が欠かせません。逆にこれなしでは無理でしょう。
歯を残すのが私達(歯科医・歯科衛生士)の仕事です。
歯を残すのために、予防&インプラントは多いに貢献していると確信しています。
注意!
口の中で1〜数本残存していて、60〜70%以上、骨吸収が進行している歯は、抜歯してインプラントにした方が、見違えるほど噛めます。
これこそ、天と地の差です。

 

次のコラムを読む >>

 ⇒かんたん診療予約はこちらから

このページのトップへ


院長コラム 1 | 2 | 3 | 5 | 6 | 院長コラムトップに戻る→

 

 

ご予約:03-3275-2340
無料メール相談はこちら

プライバシーポリシー

東京のインプラント治療は日本橋インプラントセンター copyright 2003 日本橋インプラントセンター