日本橋インプラントセンター インプラント東京 予防&インプラント
よくある質問 かんたん予約 サイトマップ
歯科医師の方へ
 
インプラントHOME インプラントとは 症例紹介 当院のご紹介 診療案内 歯科医師の方へ
インプラントとは
インプラントとは
なぜ、インプラント?
インプラント希望の患者さんへ
歯科医の選び方
海外のインプラント事情


歯科医の選び方

5)禁煙指導を行っている
歯周病(インプラント)の悪化因子喫煙が挙げられています。
(他に糖尿病ストレスも悪化因子として挙げられています。)
例えて言えば、
「歯周病治療に喫煙」=「肝臓治療に飲酒」です。
・・・・治療しても効果が水の泡と消えてしまいます
タバコの臭いのする歯科医は、避けたほうがいいのでは?
注意しておきます。
喫煙している患者さんは、外科後の傷の治りが悪くなります。
・・・結果的に成功率も落ちます。
治療したものが長持ちしてもらいたいので、禁煙して頂きたいのです。
あなたの歯を残すために、禁煙して頂きたいのです。(再々、お金がかかってもいいなら別です)
喫煙されている患者さんの経過は思わしくありません。
術前・術後の1ヶ月は禁煙して下さい(出来れば術前・術後2ヶ月)。そうしないと傷の治りが悪くなり、成功率も下がります。さらに、術後に痛みが続く場合もあります。
(ニコチンの血管収縮作用で、血行が阻害され、さらに、唾液の分泌も抑制され、傷の治りが悪くなるためです。)

トピックス
喫煙がインプラントに悪影響を及ぼす…

昨年2002年の9月10日から16日まで、European Association for Osseointegration in Brussels(欧州インプラント学会)に出席してきました。
ベルギー・カトリック大学歯周病講座のD.van Steenberghe教授が
インプラントの失敗は
(1)喫煙
(2)骨量・骨質が不利(poor)な場合
(3)癌
の放射線治療を受けている場合と関係している。」と発表していました。
よ〜く考えてみて下さい。
(2)(3)は患者さん自身ではどうにもなりませんが、
(1)喫煙は自分でコントロールできる因子なのです。

喫煙がインプラントに悪影響を及ぼすことは、その学会会場全館禁煙ということに表れています。当然ほとんど海外の歯科医師はタバコを吸ってはいません。本来はそうあるべきでしょう。
因みにアメリカを含め海外のインプラント関係の学会会場全館禁煙です。日本でもそうあってほしいものです。

 ⇒かんたん診療予約はこちらから

このページのトップへ

ご予約:03-3275-2340
無料メール相談はこちら

プライバシーポリシー

東京のインプラント治療は日本橋インプラントセンター copyright 2003 日本橋インプラントセンター